03月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

虹の岬の喫茶店

2016.02.22 (Mon)

ハートフル・ストーリー。
虹の岬の喫茶店

登場するのは岬にある、利益をまったく求めてない喫茶店(笑)。

(えぇ、本当にね。本を読んでいるとよく登場するけど、利益を求めない・夢を追っていて無職・とりあえず仕事辞めちゃった…とか、現実としては無茶だと思うの。。。利益だけじゃなく、理想的な食材やコンセプトでいければ本当にいいけど、実際のところ利益なくしては成り立たないと思うの)

それぞれの話は独立していますが、ちょいちょい前の章の人物がチラッと登場したりして、ふふふ・・・と読者はなります。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

10:44  |  Books  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『スープのささやき』

2015.11.28 (Sat)

またスープかっ!


と私も思いました。
今回は本屋さんで、平積みされていた新刊です。
なんだ、なんだ。
スープってのは日常的な小説において、扱いやすいのか?

あったかくて、具材もバリエーションあって、どこの国にもあって、各々のいろいろ思い入れしやすいのがスープなのでしょうか。
スープのささやき


そうそう、どこの国にもあって。


各国から来た外国人と、少々の日本人がゲストハウスで共同生活しているところでのお話。
たまに故郷の味を思い出したり、互いにふるまったり。
もうそれだけで美味しそうだよね(笑)。

ちょいちょい事件が起こりますが、登場人物が皆いい人だし(笑)、安心して読めます。

有難いことに、各章ごとに登場した料理のレシピ付き。
うーん、我が家で実用化されるレシピはなさそうかなぁ。。。
このメニューだと、お店で食べることのが多いかも。

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

12:15  |  Books  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「彼女のこんだて帖」と中華ちまき。

2015.10.29 (Thu)

彼女のこんだて帖
この本は優秀~

ショートストーリーで、本当に短いと3ページくらいで完結しちゃいます。
少しずつ前の話と重なって、登場人物がチラ見え。
それぞれが一魂を込めた渾身の料理を作って、おいしく食べるわけだが。

何より、本文中の料理の描写が事細かい。
1話目のラムステーキなんて、後半ほとんど料理を作っているだけの話で、これでいいのかと心配になりました(笑)。
ちゃんと登場人物なりの結論にたどり着いてひと安心。

一話一話テンポもよく、登場人物の皆さんも思い切りがよく(笑)、スッキリ爽快に一気に読んでしまいました。

それに、ちゃんとレシピもついてくるんですよ。
なかなか家では作らないものも中にはありましたが、登場人物たちのように、何かの機会に

 うおおおおおおぉ~って勢いがあれば作るかもしれないな、うん。


勢いで作って、食べて、食べ終わると気持ちが落ち着いてたりって、私もよくあるのでとってもわかる♪(笑)

お腹いっぱいになったら悩みごとやウジウジとした気持ちってどうでもよくなります。


さっそく作ってみた「中華ちまき」。
初めてもち米を買い、初めて蒸してみました。
中華ちまき
途中工程の写真はなかったので、どの程度炒めるか怪しみつつ完成。

それっぽい味にはなりました。

ちょっと蒸す前の水分が多かったかなー
この感じだったら、もち米がなくなるまでは何度か作ってもいい♪

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

15:58  |  Books  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』

2015.10.26 (Mon)

それからはスープのことばかり考えていた

吉田篤弘さん著。
もうタイトルに「スープ」、入っちゃってますからね。
旦那の読みたがる、”日常を描いた小説”でググった結果、サイトで紹介していたこれ。


・・・べつに食べ物が登場で探したわけじゃないんだからねっ。

無職な主人公がのんび~りと穏やか~に過ごしていきます(笑)。
現実に、この立場だったら焦ってしまいそうだけど。

まぁこれも、周りに後ろ指刺されながらも、本人はのんびりと。
周囲を取り囲む人たちとも上手くやりつつ、
仕事も、趣味の映画も、そしてスープも充実させて、
最後はあぁ・・・ちょっと気になるっ。

読み終えた後もちょっと気になるんだけど、
それさえも「まぁいいか」と穏やか~な寛大な気持ちになれます。
全体的に穏やか。

ここに登場するスープもおいしそうです。
物語を転がす存在のスープは・・・

うーん、その描写では同じモノは作れない。。。←ちょっと残念。

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

22:32  |  Books  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「東京すみっこごはん」

2015.10.20 (Tue)

ふふ…w
初めてこういう本で、大まかな伏線が途中でわかった気がする(ドヤァ)。
東京すみっこごはん
くじ引きで決まった人がゴハンを作る、共同台所「すみっこごはん」。
作るのはくじ引きなのに、何故かレシピは備え付けのノートから
『できるだけレシピに忠実に』、という条件付き。

誰かがいつの間にか始めた「すみっこごはん」で、色々な人間ドラマが穏やかに流れます。




登場するのは普通の家庭料理ばかりですが。
味噌汁・・・

ちゃんと出汁から取る味噌汁って作った事がないのですけど。。。

母も粉末出汁を使っていました。
あれ、もしかしたら小っちゃい頃はかつお節とかちゃんと取ってたのかな?
少なくともフルタイムで働いていた時は粉末だったよ!←と言い訳してみる。
なので私も粉末出汁ですが。。。

取り方くらいは知ってはいますが・・・
濾すとか・・・

最近の市販の出汁は十分美味しいらしいけど、
もしかしてちゃんと取ったら、お味噌汁ももっと美味しいのかしら?
旨味が。

けど逆に、安っぽい昆布や鰹節だとかえっておいしくないとか・・・
取り方を失敗するとかえっておいしくないとか・・・



うん、いつかやってみよう。

れ、連休とかに。。。

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

20:16  |  Books  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「パンとスープとネコ日和」

2015.10.17 (Sat)

パンとスープとネコ日和
群ようこさん。

うん、農業女子や婚約破棄された女は、

”もっとしっかりしろよーーー!”

とイライラしましたが(笑)、

群さんの描く女性は仕事がガッツリお出来になる。
信念もしっかりしていてイライラしない(笑)、

が、逆に出来てない自分を猛省することになりますわね。。。
立派な出来る女過ぎて。

ストーリーは完全に「かもめ食堂」です。
しっかりした信念のあるコンセプトのお店を始め、まぁいろいろ有りながらも、お話ならではの”そんなラッキーな”ってことも有りながらも、前向きに・・・と。

ただ、完全に大成功を収めたって話じゃないんですよね。
まだ発展途上というか、これからもありそうな終わり方でした。

っていうか、あと一歩どうなったかが気になる~

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

22:29  |  Books  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「れんげ荘」「働かないの」

2015.10.13 (Tue)

Book
群ようこさん。
「かもめ食堂」が有名な作家さんですね。
昔から名前だけは知っていて、「無印OL物語」とか、何故かまだ子供だったと思いますが読みたかった記憶があり。
※しかし、まだ無印シリーズ読んだことない。


会社を辞めて、貧乏アパートれんげ荘で貯金暮らしをする元キャリアウーマンの話。

のほほん暮らせるお金があるなんて羨ましい!
けど、そうね、やっぱりたまにお金のかかる美味しいゴハンとか食べたいな…
友達付き合いも無くしたくないし…
のんびーり過していい、と言われたら、それはそれで難しいのかも。

主人公は常に
オーガニック食品を食べています。。。

オーガニックのお店で買った野菜、パン、ケーキ。。。

うん、体にいいかはともかく、
普通よりちょっとお高いんだろうな。。。

そしてジャンキーな物がたまに食べたくなりそうだ(笑)、
現代っ子だから!私も!(笑)

ともあれ、
最近外食がやたら多い我が家。
休みの日もちゃんと自炊しよう・・・

野菜切り刻んだスープ、とか。
パスタさえ茹でれば自炊になる、とか。

文中では、主人公はこれを手抜きとか残飯整理とか言っていたけど、
我が家だと普通の食事なんだけど・・・?(--;)


何故か”働かない生活”に入った主人公を見て、この頃の自分を猛省してしまった・・・。

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

19:15  |  Books  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。